脇のチェックをしたところ、「毛穴が黒ずんで目立つようになった」という経験をした人は意外と多いようです。毛穴の黒ずみが目立つからと言って、女性にとってはムダ毛の処理をしないわけにはいきません。このような場合、どのような脱毛方法をとれば良いのでしょうか。

脇の無駄毛処理は慎重に行いましょう

脇の無駄毛処理はトラブルを起こしやすい

女性なら誰もが行っているであろう脇の無駄毛処理、定期的に綺麗に処理をしておかないと、女性としての意識が低い、不衛生でだらしがない印象を与えてしまいます。脇は、十代前半くらいから処理をし始める方が多いですが、普段は洋服などで守られている部位でもあり、とても柔らかく、デリケートな皮膚なので、間違ったお手入れをしてしまうと、お肌へは消えない深刻なトラブルを起こしてしまいかねません。広い範囲を一気に処理できるカミソリや、ピンポイントで無駄毛処理が出来る毛抜きは、コストも安く、いつでも手軽にさっとできるというメリットがあり、最もポピュラーな処理方法ではありますが、お肌へ与えるダメージは非常に強く、あまりお勧めできるものではありません。

無駄毛処理は肌に優しいものを選ぶ

乾燥を進めてしまうため、お肌のかさつきやザラツキ、黒ずみなどの色素沈着を引き起こしてしまったり、毛穴が広がりばい菌が入って毛嚢炎などを起こしてしまったり、ブツブツと鳥肌のように目立ってしまったり、とても見せられる素肌の状態ではなくなってしまいます。柔らかい皮膚にこういったダメージが現れてしまうと、なかなか元の綺麗な状態へ戻すのは難しくなってしまうので、十分に気を付けましょう。